三戸町 一覧

はちのへエリアの馬とコナモン

 八戸エリアは古来より、馬と生きてきた文化が色濃く残っています。中でも日本三駒の一つ「八幡馬」はその象徴です。南部一の宮・櫛引八幡宮の例祭の社前で、参詣者のおみやげとして木彫りの馬の玩具が売られるようになり、農閑期の副業としても作られるよう…

詳しく見る

11ぴきのねこ

 「とらねこたいしょう」率いる愉快な冒険物語が描かれた『11ぴきのねこ』シリーズ。昭和42年(1967)に出版されて以来、計6冊刊行・約430万部のロングセラーとなり幅広い世代から愛されています。作者の馬場のぼるさんは、昭和2年(1927)…

詳しく見る

三戸城跡城山公園 (歴史民俗資料館)

local_offer

 戦国時代(16世紀中頃)、この地方を治めていた南部氏が居城としていた聖寿寺館(現南部町)を焼失したことに伴い、現在の独立した高台へ城を移しました。今も石垣や堀跡などの遺構を見ることができます。城山公園内には縄文時代から近代までの三戸町の歴…

詳しく見る

三戸町歩き

 戦国時代は南部氏の城下町、江戸時代は宿場町としてにぎわった三戸町。江戸時代の国道である奥州街道は、今も三戸町のメインストリートで、町の歴史を伝える神社や仏閣、文化財が街道沿いに点在しています。また、三戸地方の商業の中心地でもあったことから…

詳しく見る

三戸大神宮

 天照皇大神を祭神とする三戸大神宮は、「神明さま」「東北のお伊勢様」として内外の人たちに親しまれています。かつては神明社、神明堂と呼ばれており、箸木山の八畳屋敷に鎮座していました。社殿は万治元年(1658)に町内有志によって建立されましたが…

詳しく見る

SAN・SUN産直ひろば

local_offer

 地元農家が安全・安心をモットーに育てた新鮮な野菜や果物をはじめ、手作り加工品、郷土食を販売しています。特にりんご、梅、トマト、ぶどう、しそなどのジュースや手作り豆腐、糀味噌、焼肉のタレ、漬物などのオリジナル商品は必見です。店内の食堂では「…

詳しく見る