種差海岸遊覧バス
「うみねこ号」

 三陸復興国立公園種差海岸の玄関口・鮫(JR鮫駅)と種差海岸駅を結ぶ、種差海岸遊覧バス「うみねこ号」

 種差海岸の主な見どころに停車するので、乗車するだけでも美しい風景を楽しむことができるほか、JR八戸線やトレッキングと組み合わせて巡れば、種差海岸をより満喫することができます。


2019年度の運行期間・運賃

【運行期間】
 通常運行 2019年4月1日(月)~11月10日(日) 毎日運行
  ※5月12日(日)はうみねこマラソン開催のため終日運休
 冬期運行 2019年11月16日(土)~2020年3月31日(火) 土日祝運行
【運行本数】 » 時刻表
 通常運行 往路7本・復路7本
 冬期運行 往路4本・復路4本
【運  賃】 大人100円・小人50円 降車時精算


種差海岸遊覧バス「うみねこ号」運行ルート(主要なバス停のご紹介)


●鮫(JR鮫駅)  三陸復興国立公園・種差海岸の玄関口。種差海岸遊覧バス「うみねこ号」の起点であり、JR八戸線と接続しています。蕪島までは徒歩15分ほどの距離。  近くにスーパーがあり、種差の旅の前の買い物にも便利です。
●蕪島海浜公園  ウミネコの繁殖地・蕪島の最寄バス停。蕪嶋海水浴場、蕪嶋神社(臨時社務所)も下車すぐの場所にあります。
» 蕪島エリアの詳細
●葦毛崎展望台前
 戦時中の軍事施設を展望台にした「葦毛崎展望台」目の前のバス停です。売店「ホロンバイル」のソフトクリームを味わいながら太平洋を眺めるのが定番の楽しみ方。  遊歩道の起点でもあり、「大須賀海岸」バス停までの徒歩30分程度の散策は、種差海岸の一番美しいところを気軽に満喫できます。
» 葦毛崎~大須賀海岸エリアの詳細
●大須賀海岸
 きれいな砂浜の証である「鳴砂」の広大な浜が、バス停からすぐの場所に広がっています。
●種差海岸インフォメーションセンター
 バスを降りると、目の前には広大な海沿いの天然芝生地が広がっています。種差海岸インフォメーションセンター入口目の前にあるバス停なので、悪天候でも安心。
» 種差天然芝生地エリアの詳細
●種差海岸駅
 種差海岸インフォメーションセンター~種差海岸駅周辺には食堂がいくつもあり、磯ラーメンやウニ丼など種差らしい食事を楽しむことができます。JR八戸線は2~3時間に一本と本数が少ないので注意。

鮫駅・種差海岸駅周辺 バス乗り場案内図

【鮫】鮫駅ではJR八戸線と接続。「鮫」バス停は、鮫駅を出て左手に80メートルほど進んだ場所にあります。

【種差海岸】種差天然芝生地には「種差海岸インフォメーションセンター」バス停の利用が便利です。

Visit View