場所一覧

陸奥湊駅前朝市

local_offer

 陸奥湊駅前通りでは、八戸市営魚菜小売市場を中心とする「陸奥湊駅前朝市」が開かれており、市場関係者や観光客などで毎朝にぎわいます。揚がったばかりの魚介やお惣菜のほか、朝7時には店じまいしてしまう寿司屋や行列のできる名物食堂、路肩で談笑する地元のお母さんたちなど、港町・八戸らしい素朴で活気ある風景を見 […]

詳しく見る

館鼻岸壁朝市

local_offer

 港町・八戸の広大な岸壁に、毎週日曜日の早朝にだけ出現する巨大朝市。全長約800メートルにわたって300店以上の屋台が立ち並び、その規模は全国有数。イカやサバなど八戸自慢の鮮魚や干物の海産物、採りたての野菜や果物、手づくりの総菜から雑貨まで、ありとあらゆるものが並びます。毎週1万人以上が来場する人気 […]

詳しく見る

おみやげ購入おすすめスポット

local_offer

カネイリミュージアムショップ  テーマは”アオモリは、おもしろくて、かっこいい”。八戸を代表する工芸品である八幡馬や、先人の知恵と機能美あふれる南部裂織の小物、江戸時代に庶民の焼物として親しまれていた八戸焼などを販売するとともに、郷土の魅力をデザインの力で引き出したオリジナル製品の企画開発、販売、発 […]

詳しく見る

八食センター

八戸港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類や生鮮野菜、県南地方の物産やおみやげなどがそろう巨大市場。全長170メートルのビッグストリートに、約60店舗が軒を連ねています。館内には「厨スタジアム」と「味横丁」2つの飲食街があり、市場で買った魚介類や食材を七輪で焼いて食べる「七厘村」も人気のスペースです。 […]

詳しく見る

みろく横丁

local_offer

 八戸屋台村「みろく横丁」は、中心街に位置する三日町と六日町を貫く横丁であることからその名が付けられました。横丁には約26店舗の固定屋台がひしめき、各店舗が郷土料理や海鮮料理などでおいしさの腕を競い合っています。各店舗は一坪ほどの広さで、地元の人びとや観光客との交流が、お酒や料理をさらに味わい深くし […]

詳しく見る

種差海岸休憩所

local_offer

 種差海岸(たねさしかいがん)インフォメーションセンターに隣接する無料休憩施設。天然芝生地を見渡せる休憩所内のカフェ「海カフェたねさし」と売店では、種差海岸にちなんだドリンクや軽食、スイーツなどオリジナルメニューが、散策で疲れた体を癒してくれます。  バスが近づくとお知らせするシステム「バスナビ」が […]

詳しく見る

種差海岸インフォメーションセンター

 種差海岸の三陸復興国立公園指定に伴い、2014年、種差天然芝生地の目の前にオープンした種差海岸の新たな拠点施設。  三陸復興国立公園 種差海岸・階上岳地域と、みちのく潮風トレイルの自然や暮らしの情報を発信し、解説案内や体験プログラムも実施。ガラス張りの窓から目前に広がる天然芝生地を眺めながら、ゆっ […]

詳しく見る

種差天然芝生地

local_offer

 波打ち際まで天然の芝生が敷き詰められた、三陸復興国立公園・種差海岸(たねさしかいがん)を代表する景観。種差海岸一帯では古くから馬の放牧が行われ、芝生の特徴的な景観は人と自然の関わりの中で形づくられてきました。  種差海岸インフォメーションセンターが実施するプログラムや乗馬体験、毎週土曜日の朝ヨガな […]

詳しく見る

種差キャンプ場

local_offer

 緑の芝と青い海、さわやかな海風を満喫しながら、快適に過ごすことができる種差海岸唯一のキャンプ場。炊事場や水洗トイレを完備し、芝生のサイトにはテント250張が設置可能です。  キャンプ場から葦毛崎展望台まで約5.2キロの遊歩道が整備され、季節ごとに咲く草花の観賞も楽しめます。 » 種差天然芝生地エリ […]

詳しく見る

キリストの墓

 静けさが漂う緑の木々に囲まれた一角に二つの盛り土があり、そこに十字架が二本立っています。伝説なのか、真実なのか、一つはゴルゴダの丘で磔刑になったはずのイエス・キリスト、もう一つはキリストの弟イスキリの墓なのだそうです。  「キリストが日本に逃れ、新郷村(旧戸来村)に渡来し106歳の生涯を閉じた」と […]

詳しく見る