南部裂織

local_offer
 江戸時代、南部地方は寒冷な気候で木綿が育ちにくく、布はとても貴重でした。そこで着古した着物や布を使って生み出された織物が南部裂織です。テープ状に細く裂いた布を横糸に、木綿糸を縦糸にして地機と呼ばれる手動の機で織ります。同じ材料を使っても糸との重なりによって仕上がりが変わるため、バラエティに富んだ唯一無二のものができあがります。裂織は丈夫で暖かく、こたつ掛け、帯、敷物、仕事着や小物に至るまで様々な必需品として用いられてきました。現在ではテーブルカバーや小物入れなどの手織物も制作・販売されています。

Visit View