ストーリー 一覧

【五戸町】カラダに滲みる、ココロに沁みる。

【五戸町】カラダの外から健康美人  江戸時代、幕府直下の牧場を有していた五戸町。牧場の中にある牛の水飲み場から湧いたお湯が元と伝わり、温泉でくつろぐ牛のイラストロゴを掲げるのが「五戸まきば温泉」です。 無色透明でさらさらやわらかな…

詳しく見る

【五戸町】今、選ばれる。肉。

【五戸町】カラダの内から健康美人  新鮮なお肉の弾力、そして次第にやわらかくまろやかに溶けていく味わい、忘れかけていたお肉の充実感と喜び。古くからの名馬産地として馬を大切に扱ってきた五戸町だからこそ食べられる〝究極の馬肉〟は、県内…

詳しく見る

【南部町】Fruits! 北国の王国

【南部町】甘く綺麗な香り  果樹園の清らかな空気に広がる濃く甘い香り、一面に光が降り注ぐ大地、視界を遮るものがない大きな空。慌ただしい日常では味わえない健やかな空気感が南部町には広がっています。 青森県三戸郡南部町は、一年中なんらかの果物が…

詳しく見る

【南部町】南部氏の隆盛と、親の愛

【南部町】歴史のミッシングリンクを手繰る 《聖寿寺館跡》 はちのへエリアは旧南部藩領に含まれ、南部氏発祥の地となるのが三戸郡南部町です。 南部氏は三戸町・三戸城で力をつけて歴史の表舞台に現れ、二戸市・福岡城~盛岡市・盛岡城へと居城…

詳しく見る

【新郷村】好奇心という名の。

【新郷村】真実は、人の数だけあっていい。  八戸市と十和田湖の中間に位置する、神秘とロマンと自然溢れる新郷村。旧戸来(へらい・ヘブライ?)村の頃に偽書「竹内文書」に基づいて発見された「キリストの墓」は、あえてその真偽を問わずとも世界中の好奇…

詳しく見る

イエナカ時間にごほうびお肉を

local_offer

はちのへエリアは山と海に囲まれた、食のワンダーランド。新鮮な三陸近海の魚介類もさることながら、地域特有の夏季冷涼な気候と生産者の愛情によって育てられた、上質な黒毛和種も堪能できる。希少、ゆえに幻「田子牛」、日本一にもなった「あおもり倉石牛」…

詳しく見る

花と鳴砂の渚種差海岸

local_offer

岬の展望台 鮫角灯台を過ぎ、さらに海沿いを進むと見えてくる、岬に突き出た砦のような建造物が「葦毛崎展望台」(あしげざきてんぼうだい)。黄色や紫の花々が咲き誇る中にそびえ立つ展望台は、西洋の古城のようなどこかファンタジックな魅力をかもし出しま…

詳しく見る