ストーリー 一覧

八戸市内に残る 「義経北行伝説」

local_offer

義経北行伝説とは 平安時代末期、時の権力者であった平氏打倒の最大の功労者・源義経。その後、兄・源頼朝と対立し、奥州藤原氏を頼って平泉に落ち延びたものの、頼朝の追及から逃れることができず、自刃したと言われています。 その源義経が、実は平泉から…

詳しく見る

息づく「ハマ」の暮らし [大久喜エリア]

local_offer

種差一の展望台 種差天然芝生地からさらに南下すると、ひっそりとした「高岩展望台」へ。ここは種差海岸で最も高い場所にある展望台。駐車場のない穴場の展望台ですが、雄大な太平洋と、種差天然芝生地の遠景に加え、近くの漁港や集落を見渡すことができ、大…

詳しく見る

種差海岸遊覧バス「うみねこ号」

 三陸復興国立公園種差海岸の玄関口・鮫(JR鮫駅)と種差海岸駅を結ぶ、種差海岸遊覧バス「うみねこ号」 種差海岸の主な見どころに停車するので、乗車するだけでも美しい風景を楽しむことができるほか、JR八戸線やトレッキングと組み合わせて巡れば、種…

詳しく見る

ユートリー(VISITはちのへ)

 八戸駅と連絡通路で直結しており、八戸圏域への旅の始まりや出発時のお買い物に便利な施設です。館内では八戸地域の地場産品の展示や実演、伝統工芸品や新開発商品、おみやげなどの販売のほか、南部せんべい焼き・南部菱刺・南部裂織などの体験も可能。レス…

詳しく見る

“えんぶり”とは?

local_offer

【INDEX】えんぶりの起源えんぶりの種類えんぶり組の構成えんぶりの舞えんぶり摺りの演目・所作祝福芸1 えんぶりの起源 伝説も含め様々な説がありますが、鎌倉時代の始め、南部氏の祖・南部光行(なんぶみつゆき)が奥州の地にやってきた頃に始まった…

詳しく見る

八戸の朝市一覧

local_offer

八戸市内では、8つの場所で9の朝市(夕暮れ市を含むと10)が開催されています。(2019年1月現在)陸奥湊駅前朝市開催場所陸奥湊駅前地図を開く期間・時間通年(日曜・第2土曜・年始休み)AM3:00~正午店舗数約100問い合わせ八戸市営魚菜小…

詳しく見る