「HELLO CYCLING」による
シェアサイクル実証実験

 

シェアサイクリングシステム「HELLO CYCLING」

 「HELLO CYCLING」とは??

 「HELLO CYCLING」は2016年11月よりスタートしたシステムで、東京を中心として全国でシェアサイクリングを利用できるサービスです。現在は国内最大シェアのサービスで全国197市町村に拡大し、八戸圏域が最北端となっています。

 ※HELLO CYCLINGのご利用には、ホームページ又はスマートフォンアプリから無料のアカウント登録が必要です。

レンタサイクルとシェアサイクルの違いについて

 

シェアサイクル

レンタサイクル

管理者

不要(無人運営)

必要(有人運営)

乗り捨て

不可

利用時間

短時間

長時間

時間制限

無(24時間365日利用可)

有(営業時間内)

 シェアサイクルでは、複数のポートで利用が可能で、借りた自転車の返却は借りた場所と異なる場所でも可能なことが特徴です。短時間の利用が出来、時間制限も無いためお気軽に活用いただけます。

 

 


 VISITはちのへではこの「HELLO CYCLING」を活用して、八戸圏域8市町村の2次交通の課題解決に向けたシェアサイクル実証実験を3期に分けて実施予定です。2019年7月29日より、第1期の実証実験がスタートしています。

実証実験概要

 利用料金 80円/15分 1500円/日

 期間   2019年7月29日(月)~2020年3月31日(火)
      ※3期に分けて実施、第1期は9月14日(土)迄

 設置台数 30台(第1期 15台、第2期及び第3期 15台)

 ポート数 計15箇所(第1期 3箇所、第2期7箇所、第3期5箇所)

実証実験ポート設置場所について

 1期目となる今回の実証実験では八戸市内3箇所にポートを設置します。

  • JR八戸駅東口広場(八戸駅前駐車場連絡通路下)
  • 三春屋(南口自動販売機脇)
    ※7月29日(月)~8月6日(火)までのお祭り期間はタイムズ三春屋駐車場脇
  • 八食センター(屋外イベント広場)

 ※第2期以降のポート設置箇所は利用状況を踏まえて決定する予定です。

 広域観光や買い物など幅広くご利用いただけますので、是非ご活用ください。