銀杏木窪の大銀杏

 樹齢推定1000年,樹高27m,幹囲13.29m。2018年4月、青森県指定の天然記念物となったイチョウの巨木は、青森県内では最大級の大きさを誇る。根元に小さな社があるが、その名も銀杏大明神。イチョウそのものが御神体であり、村のシンボルになっています。枝から垂れ下がる多数の気根(空気中に露出した根)が、乳房の形に似ていることから、触ると母乳の出が良くなると祭られ「垂乳根(たらちね)の大銀杏」とも呼ばれています。2011年の暴風で幹の一部が横倒しとなりましたが、先端部を切除して保護。根元は幹の本体とつながり、気根も土に活着するのが見込めるため、今後の生育に問題はないそうです。


インフォメーション

所在地
青森県三戸郡階上町道仏字銀杏木窪

アクセス
階上駅から車で5分

このページをシェア

Visit View