新山神社(夫婦神社)

 新山神社は、860年(貞観2年)に慈覚大師円仁によって開山されました。社殿は1931年(昭和6年)に建てられた社殿建築の遺構で意匠的にも評価が高く、平成16年7月に五戸町指定有形文化財に指定されています。彫刻師・本田万太郎さん、宮大工・森田定吉さんによる向拝柱の登り竜、木鼻の獅子、獏、欄間の唐獅子などの装飾も見事です。毎年8月18日・19日の「新山神社三社例大祭」で奉納される「舘町神楽舞」や「舘町鶏舞」は五戸町指定無形民俗文化財です。夫婦神社は恋愛成就や縁結びをはじめ、友人や家族などすべての人との絆が深められる県内でもパワースポットとして知られていますまた、拝殿の右には天満宮が祀られています。
所在地
青森県三戸郡五戸町大字倉石又重字前平7

電話番号
0178-77-2575
アクセス
車:JR八戸駅から車で40分。八戸自動車道八戸北ICから35分。

このページをシェア

Visit View