灯明堂

local_offer
 日本最古の「灯台」と言われる「灯明堂跡」は、小舟渡(こみなと)岬付近を航行する船の安全と八戸藩主の天然痘の回復を願い、1730年(享保15年)津要(しんよう)玄梁和尚によって建立されたと伝えられています。当時この灯明堂の油料が藩より支給されていることが確認されており、藩の重要施設として位置付けられていたと考えられます。
 鳥居から300段近い階段を上りきると、灯明堂にたどり着きます。海岸までは4㎞程の距離にあり、灯明堂の灯りは海上からよく見えたと言われています。


インフォメーション

所在地
青森県三戸郡階上町赤保内字山館前

アクセス
JR階上駅から車で約20分

Visit View