キリストの墓

 静けさが漂う緑の木々に囲まれた一角に二つの盛り土があり、そこに十字架が二本立っています。伝説なのか、真実なのか、一つはゴルゴダの丘で磔刑になったはずのイエス・キリスト、もう一つはキリストの弟イスキリの墓なのだそうです。
 「キリストが日本に逃れ、新郷村(旧戸来村)に渡来し106歳の生涯を閉じた」という湧説が出てきたのが昭和10年、茨城県の竹内家に伝わる竹内古文書から出てきました。竹内巨麿氏は古代史研究家・鳥谷幡山氏他数名とともに村を訪ねキリストの墓を発見しました。このほかにも新郷村の旧名「戸来」はヘブライからくるという説など、たくさんのミステリーが残っています。


インフォメーション

所在地
青森県三戸郡新郷村大字戸来字野月33-1

電話番号
0178-78-3741(キリストの里伝承館)
アクセス
JR東北本線八戸駅より、南部バス五戸行き乗車、終点下車。五戸より南部バス羽井内行きに乗り換え、キリスト公園前下車。
駐車場

Visit View