場所 一覧

新むつ旅館

local_offer

 かつて花街として栄えた八戸小中野遊郭。新むつ旅館は、明治31年(1898)に遊郭「新陸奥楼」として創業し、当時の佇まいを今に残しています。築100年を越える妓楼建築は、まるで映画のセットのよう。外観のみならず、内装、調度品など、その貴重な…

詳しく見る

大祐神社

local_offer

 大祐神社は、嘉禎2年(1226)に大祐大明神として弁財天とともに湊の氏神として祀られ、明治4年(1871)に「大祐神社」と名付けられたと伝えられています。 毎年7月には、風を鎮め、大漁と五穀豊穣を願う風鎮祭が行われ、舞などの奉納が行われま…

詳しく見る

館鼻公園

local_offer

   新井田川(にいだがわ)河口の高台に位置する公園。園内には、八戸市の桜の開花を決める標準木やお花見広場、見晴台などがあり、日中散策をしたり、河口からの夜景を眺めたりすることができます。 施設の中でも、展望タワー「グレットタワーみなと」は…

詳しく見る

長根公園

local_offer

 市の中心地にある長根公園の総面積は17.13ヘクタール。国内3例目の世界水準の屋内400mスピードスケートリンクや市民プール、体育館、野球場、武道館、スポーツ研修センターなどの各運動施設が配置されています。特に、東北でも数少ないスピードス…

詳しく見る

八戸クリニック街かどミュージアム

local_offer

 「八戸クリニック街かどミュージアム」は、長年産婦人科医師として約2万人の命にかかわってきた館長の小倉秀彦氏が所蔵する浮世絵などの伝統的木版画や、吉田初三郎の作品・郷土関係の資料等のコレクションを展示・公開しているミュージアムです。年4回の…

詳しく見る

南宗寺

local_offer

 寛文6年(1666)、八戸藩初代藩主の南部直房が、盛岡藩初代藩主の父・利直の菩提を弔うために建立しました。以降、八戸南部氏の菩提寺として、八戸藩歴代藩主とその家族が葬られており、八戸藩ゆかりの歴史資料が数多く伝わっています。インフォメーシ…

詳しく見る

八戸酒類株式会社 八鶴工場

local_offer

 江戸時代後期の天明6年(1786)に創業した酒蔵で、代表銘柄は「八鶴」。「八鶴」の名は、南部氏の家紋「向かい鶴」と、八戸の「八」から命名されたものです。 工場見学も可能で、12~3月の酒造期には酒造りの作業を見ることができ、八戸の自然と地…

詳しく見る

安藤昌益資料館

local_offer

 江戸時代中期、八戸で医者をなりわいとしながら、革新的な思想をひらいた安藤昌益。自然と人間とが調和する社会を目指した彼の思想は、現代にも通じるもので、世界初のエコロジストともいわれています。 隣接する酒蔵「八鶴」の米蔵を改装して造られた資料…

詳しく見る

三八城公園

local_offer

 三八城(みやぎ)は三戸郡八戸城を意味することば。江戸時代に八戸藩の政治の中心であった八戸城の城跡が、現在の公園となっています。敷地内には、展望デッキや芝生広場、築山、ひょうたん池、遊具などがあり、家族連れでもゆっくりと過ごすことができます…

詳しく見る

はちのへ総合観光プラザ

 東北新幹線八戸駅から一番近い観光案内所。観光スポットをはじめ、交通機関(観光タクシー、観光バス、レンタカー)や宿泊施設など、八戸の観光について総合的にご案内します。また、プラザ内には八戸三社大祭のミニ山車や国宝・合掌土偶のモニュメントを展…

詳しく見る