場所 一覧

熊野神社

local_offer

JR種差海岸駅の後背地の小高い丘陵にあり、古くから集落の氏神様として信仰されています。 「義経北行伝説」によれば、平泉を逃れて海路脱出した源義経一行は、種差海岸(たねさしかいがん)に上陸し、そこから数百メートル山手に入ったこの神社で休憩した…

詳しく見る

東運動公園

local_offer

市の中心部から東へ5キロの湊高台地区。市街地や太平洋を一望できる総面積18ヘクタールの総合運動公園。春は桜、初夏はツツジが咲き誇る自然豊かな環境は、市民の憩いの場となっています。 園内の東体育館は、プロバスケットボールbjリーグ「青森ワッツ…

詳しく見る

三嶋神社

local_offer

 創建年代は資料消失のため不明ですが、大同2年(807)と言い伝えられています。 本殿は八戸南部2代当主・直政公が建立。毎年7月6日・7日に開催される三嶋神社春例祭には出店が立ち並び、多くのお参り客でにぎわいます。 周辺には「源氏囲内(げん…

詳しく見る

対泉院

local_offer

根城南部氏の一族、新井田氏のゆかりの寺として江戸時代に造られた曹洞宗の寺院。山門は文化8年(1811)以前に建立されといわれ、山門前にある餓死萬霊等供養塔(がしばんれいとうくようとう)と戒壇石が天明の大飢饉の様子を今に伝えています。院内の池…

詳しく見る

新井田公園

 新井田公園は、広大な緑地帯やスケートリンク・テニスコートなどを備える総合公園。 毎年4月下旬~5月上旬の桜の季節には、約270本の桜が満開となり、訪れる人々の心を和ませています。また、新井田川沿いの土手の桜は知る人ぞ知る桜の名所で、八戸セ…

詳しく見る

新むつ旅館

local_offer

 かつて花街として栄えた八戸小中野遊郭。新むつ旅館は、明治31(1898)年に遊郭「新陸奥楼」として創業し、当時のたたずまいを今に残しています。築100年を越える妓楼建築は、まるで映画のセットのよう。外観のみならず、内装、調度品など、その貴…

詳しく見る

大祐神社

local_offer

 大祐神社は嘉禎2年(1226)、大祐大明神として、弁財天とともに湊の氏神としてまつられ、明治4年(1871)に「大祐神社」と名付けられたと伝えられています。毎年7月には、風を鎮め、大漁と五穀豊穣を願う風鎮祭が行われ、舞などの奉納が行われま…

詳しく見る

館鼻公園

local_offer

   新井田川(にいだがわ)河口の高台に位置する公園。園内には、見晴台やお花見広場があり、桜や夜景を楽しむ人びとが集う場所となっています。展望タワー「グレットタワーみなと」は、八戸市の海やまち、天候に恵まれれば八甲田連峰を望むこともできる絶…

詳しく見る

長根公園

local_offer

  市の中心地にある長根公園の総面積は17.13ヘクタール。国内3例目の世界水準の屋内400mスピードスケートリンクや市民プール、体育館、野球場、武道館、スポーツ研修センターなどの各運動施設が配置されています。特に東北でも数少ないスピードス…

詳しく見る