福一満虚空蔵菩薩堂

local_offer

 京都の法輪寺、福島の円蔵寺と並び、日本三大虚空蔵菩薩の一つに数えられています。地元では「こくぞうさん」と呼ばれ親しまれています。八戸藩2代藩主・南部直政の時代に藩の祈願所として菩薩堂が建立されました。明治の神仏分離令によって山頂の菩薩堂が龍興山神社となり、ふもとに堂を立てて虚空蔵菩薩を安置したのが現在の虚空蔵菩薩堂です。
 丑年と寅年の守り本尊とされ、入口には丑と寅の大きな石像があり、なでるとご利益があるといわれています。

インフォメーション

所在地
青森県八戸市南郷島守古坊61-2
アクセス
自動車:八戸自動車道南郷ICから5分、JR八戸駅から35分、八戸市中心街から30分
駐車場
無し

Visit View