場所 一覧

八戸屋形船新井田丸

local_offer

八戸港を遊覧する屋形船。畳敷きの船内では、食事を楽しむこともできます。旬の新鮮な魚介類や農産物、揚げたて天ぷら、陸奥男山や陸奥八仙など八戸の地酒を、心ゆくまで味わえます。また、船上景観を楽しめる乗船だけのコースも人気。海側から見る八戸の港と…

詳しく見る

三嶋神社

local_offer

 創建年代は資料消失のため不明ですが、大同2年(807)と言い伝えられています。 本殿は八戸南部2代当主・直政公が建立。毎年7月6日・7日に開催される三嶋神社春例祭には出店が立ち並び、多くのお参り客でにぎわいます。 周辺には「源氏囲内(げん…

詳しく見る

八戸港観光遊覧船シャーク号

local_offer

八戸港を約1時間かけて周遊する観光遊覧船の名は「シャーク号」。海から発展した八戸の街・港・浜の魅力は、海から眺めてこそ発見・実感できます。漁港や工場港、ウミネコの繁殖地「蕪島」、ポートアイランドなど、さまざまに表情を変える景観は圧巻。春から…

詳しく見る

対泉院

local_offer

根城南部氏の一族、新井田氏のゆかりの寺として江戸時代に造られた曹洞宗の寺院。山門は文化8年(1811)以前に建立されといわれ、山門前にある餓死萬霊等供養塔(がしばんれいとうくようとう)と戒壇石が天明の大飢饉の様子を今に伝えています。院内の池…

詳しく見る

新井田公園

新井田公園は、広大な緑地帯やスケートリンク・テニスコートなどを備える総合公園。 毎年4月下旬~5月上旬の桜の季節には、約270本の桜が満開となり、訪れる人々の心を和ませています。また、新井田川沿いの土手の桜は知る人ぞ知る桜の名所で、八戸セメ…

詳しく見る

新むつ旅館

local_offer

かつて花街として栄えた八戸小中野遊郭。新むつ旅館は、明治31(1898)年に遊郭「新陸奥楼」として創業し、当時のたたずまいを今に残しています。築100年を越える妓楼建築は、まるで映画のセットのよう。外観のみならず、内装、調度品など、その貴重…

詳しく見る

大祐神社

local_offer

大祐神社は嘉禎2年(1226)、大祐大明神として、弁財天とともに湊の氏神としてまつられ、明治4年(1871)に「大祐神社」と名付けられたと伝えられています。毎年7月には、風を鎮め、大漁と五穀豊穣を願う風鎮祭が行われ、舞などの奉納が行われます…

詳しく見る

館鼻公園

local_offer

新井田川(にいだがわ)河口の高台に位置する公園。園内には、見晴台やお花見広場があり、桜や夜景を楽しむ人びとが集う場所となっています。展望タワー「グレットタワーみなと」は、八戸市の海やまち、天候に恵まれれば八甲田連峰を望むこともできる絶好の眺…

詳しく見る

長根公園パイピングスケートリンク

local_offer

日本でも有数の歴史ある屋外スケートリンク。1周400mの競技用トラックは普段は一般に開放され、多くの市民がスケートを楽しんでいました。1947年に第1回冬季国民体育大会スケート競技が開催されて以来、国体開催は12回という実績を誇ります。また…

詳しく見る