場所 一覧

南部の太ねぎ

local_offer

 冬の鍋料理に欠かせないねぎ。中でも1964年に品種登録された南部町の伝統野菜「南部の太ねぎ」は、普通のねぎより太くて甘みが強いのが特長です。緑の葉の部分もやわらかく、丸ごと1本食べることができます。流通期間は例年10月下旬~12月上旬ころ…

詳しく見る

通年で収穫できるフルーツ

local_offer

 南部町は、一年を通して果物を栽培している「北のフルーツ王国」。寒暖差が大きい気候を活かし、甘くて美味しい果物の産地として有名です。町の代名詞とも言える「さくらんぼ」や、大きな果実と芳醇な甘さと香り、滑らかな食感の洋なし「ゼネラル・レクラー…

詳しく見る

蛇王の松

 蛇王権現という龍神が祀られている蛇王神社境内にあるアカマツの巨木です。推定樹齢は370年、町の天然記念物として2013年12月11日に指定されました。幹周6.88m、樹高22mの堂々とした巨木は青森県では1位、全国でも3位という大きさです…

詳しく見る

みろくの滝

静寂なブナの原生林に囲まれた遊歩道を、入り口から5分ほど歩くと「みろくの滝」が現れます。高さ約30m、幅20m、幾条もの細い糸を引いて巨大な岩肌を滑り落ちるので、地元では「そうめんの滝」とも言われています。「みろく」の名の由来は、室町時代の…

詳しく見る

田子町ガーリックセンター

local_offer

 にんにくの形をイメージして造られた建物をはじめ、にんにく料理レストラン、にんにく関連商品が並ぶギフトショップ、資料展示室と、とことん「田子にんにく」にこだわり抜いた施設です。にんにくが縁で結ばれたアメリカ・ギルロイ市を中心に積極的に国際交…

詳しく見る

ガーリックステーキごはん

local_offer

 日本有数のにんにく産地・田子町の新・ご当地グルメとして注目を浴びている「ガーリックステーキごはん(略称:ガリステごはん)。自慢の特産品「たっこにんにく+肉+米」、この3食材を掛け合わせ作られる、なんとも贅沢な「ニンニクフルコースランチ」が…

詳しく見る

五戸のおんこちゃん

 「おんこちゃん」は、五戸町と同町出身の姉妹クリエーター「東京ハイジ」(姉・ササキトモコさん、妹・ササキワカバさん)とのコラボで制作されたキャラクターです。おんこは五戸町の木で、「おんこちゃん」はその木の精のようなものとして紹介されています…

詳しく見る

倉石温泉

local_offer

 1989年(平成元年)にふるさと創生資金を活用して掘り当てた「倉石温泉」は、町民のための交流センターとして作られました。胃腸の湯とも言われるお風呂は男女別の内湯があり、大きな窓からは中庭が見渡せます。超音波に気泡の出るバイブラの浴槽のマッ…

詳しく見る

五戸まきば温泉

local_offer

 牧場の中でお湯が湧いていたことから「まきば温泉」と名付けられました。のどかな自然の中でゆっくりとくつろげます。名物の「さくら鍋(馬肉鍋)」や馬刺し、青森県のブランド牛「倉石牛」、地酒「菊駒」などが味わえます。お風呂のお湯はとろりとしていて…

詳しく見る

南部裂織

local_offer

 江戸時代、南部地方は寒冷な気候で木綿が育ちにくく、布はとても貴重でした。そこで着古した着物や布を使って生み出された織物が南部裂織です。テープ状に細く裂いた布を横糸に、木綿糸を縦糸にして地機と呼ばれる手動の機で織ります。同じ材料を使っても糸…

詳しく見る