龍興山神社

local_offer

 虚空蔵菩薩堂の向かいにある龍興山(通称:虚空蔵山)の頂上にある神社。1177年、平重盛公が父の清盛公から逃れて都から島守へやってきた際に、この地に虚空蔵菩薩を祀ったのが始まりとする伝説があります。明治初年、神仏分離令により龍興山神社と改称されました。
 神社付近の展望台からは、島守盆地を一望できます。

所在地
青森県八戸市南郷大字島守字内山15
営業時間
【拝観時間】自由
アクセス
自動車:八戸自動車道南郷ICから3分、JR八戸駅から30分、八戸市中心街から30分
駐車場
無し

Visit View