タグ: 階上町一覧

三陸復興国立公園

local_offer

八戸市から福島県相馬市までの約1,000kmを結ぶ「みちのく潮風トレイル」。人と自然の織り成す風景や東北の暮らし・文化を歩いて感じることができる長距離自然歩道です。その中でも、多彩な見どころのある種差海岸を日帰りトレッキング。 コース内容 蕪島 ウミネコの繁殖を間近で見ることができる国内唯一の場所。 […]

詳しく見る

大人が楽しむ地酒満喫コース

大人には大人の旅の楽しみ方があるというもの。例えば、その土地その土地の文化に触れることの出来る地酒との出会い。実際に酒蔵へ赴いて、蔵の雰囲気を感じならが試飲する地酒は一味違うはずです。一日の締めくくりに、みろく横丁で地酒の利き酒というのもいいですね。おいしい酒に、おいしい料理、そして旅の最後に温泉で […]

詳しく見る

館神社

 1572年(元亀3年)の勧請である「館神社」は道仏川河岸段丘上に鎮座しています。その昔、この場所は「道仏館」の館跡で館主である赤松民部吉時が治めており、1591年(天正19年)の九戸政実の乱で南部信直に味方したため、九戸方に攻められ落城したといわれます。鳥居をくぐり神社へ向かう緩やかなカーブの杉の […]

詳しく見る

寺下の五重の塔

 五重塔跡は観音堂の西方、灯明堂近くの標高約210mの山中に位置。津要(しんよう)玄梁和尚が建立発願され、1745年(延享2年)8月に建立しました。高さ約12mで沖を走る舟からは真っ赤にそびえたつ塔がよく目立ったといいます。落成式には近隣寺院の僧侶や八戸藩の人々が集まり盛大に行われたと伝えられていま […]

詳しく見る

灯明堂

 日本最古の「灯台」と言われる「灯明堂跡」は、小舟渡(こみなと)岬付近を航行する船の安全と八戸藩主の天然痘の回復を願い、1730年(享保15年)津要(しんよう)玄梁和尚によって建立されたと伝えられています。当時この灯明堂の油料が藩より支給されていることが確認されており、藩の重要施設として位置付けられ […]

詳しく見る

そば打ち体験

 古くから我々日本人が親しむ和の味であり、ジャパニーズフードとして海外からも注目を集める「蕎麦」。階上町は「階上早生そば」のという全国的にその名を知られるそばの産地ということもあり、そば打ち体験が観光コンテンツの一つになっています。熟練の手ほどきを受けながら、生地を打つ・切る・茹でる・盛り付けなど、 […]

詳しく見る

階上海岸まちあるき

local_offer

階上海岸のまちあるきは2コースあります。 <線路くるりん 海の幸つまみ食いコース> 北三陸の海の幸豊かな階上町のまちあるきは、漁で生活を営んできた浜の暮らしを垣間見ることができるコースです。漁船を持つ魚屋さんが数件並ぶ道では新鮮な魚介類の試食ができ、地元漁師さんが漁具の使い方を教えてくれます。 催行 […]

詳しく見る

階上町巨木めぐり

local_offer

 銀杏木窪の大銀杏をはじめ、平のサイカチ、茨島のトチノキなど、実に多くの巨木・古木があることから「巨木の郷」とも言われる階上町。住宅街や道路沿いに樹齢800年から1000年クラスの巨木・古木が点在しています。古くから木には神が宿り家を守っていると崇めていたことから、住宅街や個人の敷地内に点在している […]

詳しく見る

農山と漁村の暮らしに触れる

八戸エリアは雄大な山と海のコントラストを楽しめるのも魅力の一つ。このコースでは、南部町、三戸町、田子町を中心とした山間の町をめぐるコースと、八戸市、階上町を中心とした港町をめぐるコースを1日目と2日目で周遊するモデルコースです。 農山プラン 1日目 八戸市 八戸駅 到着 内容 レンタカー手続き等 車 […]

詳しく見る

銀杏木窪の大銀杏

 樹齢推定1000年,樹高27m,幹囲13.29m。2018年4月、青森県指定の天然記念物となったイチョウの巨木は、青森県内では最大級の大きさを誇る。根元に小さな社があるが、その名も銀杏大明神。イチョウそのものが御神体であり、村のシンボルになっています。枝から垂れ下がる多数の気根(空気中に露出した根 […]

詳しく見る