タグ: 田子町一覧

はちのへエリアを五感で感じる

その地域の暮らしぶりを知るには、生活体験することが一番の近道!「五感で体験する観光」を八戸エリアで実践してみませんか。南部せんべいの手焼き体験や、八戸エリアを代表する酒造見学、一年を通して行えるフルーツ狩り、潮風を感じながらのドライブ、はたまた「早朝」のタクシーツアーなどなど、友達と、家族と一緒に楽 […]

詳しく見る

農山と漁村の暮らしに触れる

八戸エリアは雄大な山と海のコントラストを楽しめるのも魅力の一つ。このコースでは、南部町、三戸町、田子町を中心とした山間の町をめぐるコースと、八戸市、階上町を中心とした港町をめぐるコースを1日目と2日目で周遊するモデルコースです。 農山プラン 1日目 八戸市 八戸駅 到着 内容 レンタカー手続き等 車 […]

詳しく見る

はちのへエリアの馬とコナモン

八戸エリアは古来より馬と生きてきた文化が色濃く残っています。中でも日本三駒の一つ「八幡馬」はその象徴です。南部一の宮・櫛引八幡宮の例祭の社前で、参詣者のおみやげとして木彫りの馬の玩具が売られるようになったとされる八幡馬は、農閑期の副業として作られるようになったそうです。一方でコナモンの文化も庶民の暮 […]

詳しく見る

タプコプ創遊村

local_offer

 田子町の昔の農村生活空間を再現・保存の目的で造られた「タプコプ創遊村(そうゆうむら)」。全5棟の茅葺き家が移築され、一番古いものは約350年前に建てられました。豊かな自然に囲まれた昔ながらの風景は、訪れる人に懐かしさと心安らぐ時間をもたらしてくれます。それぞれの茅葺き家では、せんべいやこんにゃく作 […]

詳しく見る

蛇王の松

 蛇王権現という龍神が祀られている蛇王神社境内にあるアカマツの巨木です。推定樹齢は370年、町の天然記念物として2013年12月11日に指定されました。幹周6.88m、樹高22mの堂々とした巨木は青森県では1位、全国でも3位という大きさです。根本から三つ又になっており、この地方では古くから山の神が宿 […]

詳しく見る

八戸エリア初心者コース

初めて八戸エリアをおとずれる方におすすめのコースです。南部町のフルーツ、三戸町のせんべい、田子町のにんにく、そして八戸市ではうみねこラインを中心とした景観や港町ならではの食を丸ごと楽しめる内容になっています。 コース内容 1日目 八戸市 八戸駅 到着 10:00 内容 レンタカー手続き等 車で40分 […]

詳しく見る

和牛、馬、地鶏。 「三大肉」の味わい まさに一級品。

local_offer

 素材の味はもちろん、料理されても引き立つのは一級品の証。八戸エリアを代表するトップクラスの和牛、馬、地鶏を「三大肉」としてご紹介します。まずは「にんにくの里」でおなじみの田子町から「田子牛」。奥羽山脈の澄んだ空気と湧き水に囲まれた環境で育つ田子牛は「幻の牛肉」といわれており、首都圏のレストランでも […]

詳しく見る

寒暖差と土壌改良。 田子にんにくは 日本の誇りへ。

local_offer

 奥羽山脈のふもと、南は岩手県、西は秋田県と接する青森県最南端に田子町はあります。人口およそ6000人、町の8割を山林が占め水資源も豊かな田子町の特産は「にんにく」。1962年(昭和37年)から栽培に取り組んでいる田子の「にんにく」は、国内生産量の80%を誇り、いまや知らない人はいない「にんにくの里 […]

詳しく見る

みろくの滝

静寂なブナの原生林に囲まれた遊歩道を、入り口から5分ほど歩くと「みろくの滝」が現れます。高さ約30m、幅20m、幾条もの細い糸を引いて巨大な岩肌を滑り落ちるので、地元では「そうめんの滝」とも言われています。「みろく」の名の由来は、室町時代の初めに弥勒菩薩を信仰し、この滝の元で修行を積んでいた「キュウ […]

詳しく見る

田子町ガーリックセンター

local_offer

 にんにくの形をイメージして造られた建物をはじめ、にんにく料理レストラン、にんにく関連商品が並ぶギフトショップ、資料展示室と、とことん「田子にんにく」にこだわり抜いた施設です。にんにくが縁で結ばれたアメリカ・ギルロイ市を中心に積極的に国際交流にも力をいれていて、その活動拠点ともなっています。 姉妹都 […]

詳しく見る