八戸都市圏交流プラザ
「8base」(エイトベース)

 八戸都市圏交流プラザ「8base」(エイトベース)は令和2年9月10日、JR有楽町駅から新橋駅間の高架下空間を活用したエリア「日比谷OKUROJI」(ヒビヤオクロジ)内にオープンした施設です。

 ここでは、日本一脂の乗った「八戸前沖さば」の缶詰や、「南部せんべい」などの物産販売の他、その希少さから幻と言われる田子産黒毛和種である「田子牛」や宮内庁御用達地鶏「青森シャモロック」を使ったお食事に加え、青森県外で味わえるのは8baseだけという新郷村産ミルクを使った特濃ソフトクリームをご用意して皆様をお待ちしています。

 また、はちのへエリアのファンづくりや移住・UIJターンを促進するための各種交流イベントを開催することもでき、一般的なアンテナショップとは違った役割を持つ施設となります。

 はちのへエリアの地域産品の認知度を高め、販路拡大を図りながら、継続的に地域を応援してくれる関係人口を増やすため、総合的なシティプロモーションの核を担います。

 

外観
エントランス
はちのへエリア紹介
物販エリア

【INDEX】

 

8baseとは?

 8baseの『8』とは、青森県八戸圏域の『八』を組み合わせるとともに、『八戸』をシンボル化したものです。また、数字の『8』を横にしたときに無限大の意味も兼ねることから、八戸都市圏の可能性は無限大であり、それを発信する拠点(=base)であることも意味します。

 8baseホームページはこちら

 

はちのへエリアについて

 はちのへエリアを構成するのは、青森県南の中心都市である八戸市を核とした8つの市町村(「八戸市、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町」、以下、「八戸圏域8市町村」と称します。)です。この地は、江戸時代まで南部氏が治めていたことから「南部地方」と呼ばれます。

 南部地方は、北三陸の海の幸や、豊富な果実、野菜、そしてバリエーション豊かな粉食文化、柔らかな響きの南部弁など、一般的な青森県のイメージとは違った多彩な魅力があります。そんなはちのへエリア8市町村それぞれの魅力が一堂に会する8baseで、あなたの知らない青森の魅力をお届けします。

 

八戸都市圏ファンクラブ『スクラム8(エイト)』のご紹介

 はちのへエリアと離れたところにいても、はちのへエリアの情報を知ることができるように、LINE公式アカウント「スクラム8」を開設しています。スクラム8では、8baseの最新のイベント情報のほか、はちのへエリアのさまざまな情報も随時配信していきます。ふるさとを応援したい方、出身地ではないけれどもこの地域のことをもっと知りたい方など、どなたでも簡単に登録ができますので、お気軽にご登録ください。

電子感謝券取り扱い開始

 10月14日(金)から八戸市がふるさと寄附金の返礼品として提供する電子感謝券が、8baseでのお買い物やお食事の支払いにご利用いただけます。電子感謝券は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」が提供するサービスで、寄附額に応じたポイントが1ポイント=1円として利用することができます。
 八戸市へのふるさと納税をお考えの方は、ぜひご活用ください。

 ふるさとチョイス電子感謝券

青森県八戸市 お礼の品ページはこちら

開業1周年キャンペーン

 令和3年9月10日(金)をもって、8baseは開業1周年を迎えました。これに伴い、10月1日(金)より先着200名様に限り、(お食事を含む)2,000円(税込)以上お買い上げいただいたお客様に「割烹金剛厳選サバ缶(白ラベル1缶)」をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

 ※定員に達した為、終了いたしました。

 詳細は8baseホームページをご確認ください。

インフォメーション

名称
八戸都市圏交流プラザ『8base(エイトベース)』
アクセス
東京都千代田区内幸町1丁目7-1 
(JR新橋駅から徒歩6分 / JR有楽町駅から徒歩6分)
営業日等
営業時間
・物販部門 11:00~21:00
・飲食部門 11:00~21:00(令和3年10月1日(金)より再開)
 ※酒類提供は20:00まで
 ※同一グループの同一テーブルへの入店案内は原則4人以内

・移住相談窓口 14:30~17:00 毎週水曜(令和3年10月6日(水)より)
定休日:年末年始
お問合せ
電話 03-6807-5611
メール 8ken8base@gmail.com

Visit View