みちのく潮風トレイル

local_offer

 東日本大震災で大きな被害を受けた、東北太平洋沿岸。その復興のシンボルとして整備されているのが、青森県八戸市の蕪島から福島県相馬市松川浦までをつなぐ、総距離1000kmを超えるロングトレイル「みちのく潮風トレイル」です。
 トレイルとは、「歩くための道」のこと。多彩な地形を要する海岸線や集落など、沿道のさまざまな場所を歩くスピードで旅することで、地域の人々や自然の営み、歴史や文化に触れることができます。地域の温かなおもてなしに出会うのも、トレイルの大きな魅力。
 みちのく潮風トレイルの最北端・八戸市の蕪島には、トレイルヘッド(起点)・エンドポイント(終点)のモニュメントが設置されています。蕪島から、人と人との絆、人と自然とのつながりを感じる旅に出かけましょう。

<田村崎遊歩道 通行止めのお知らせと迂回のお願い>

 遊歩道補修工事の為、令和2年11月19日から令和3年1月末まで「通行止め」となる区間がございます。詳しくはこちらをご覧ください。


みちのく潮風トレイル公式サイト(環境省)




Visit View