グルメ 一覧

北の風土が育む八戸の旨いもの

local_offer

「ヤマセ」がもたらす厳しい気候と、豊かな海の恵みが、八戸地方の独特な食文化を育んできました。海の幸・山の幸からあのご当地グルメまで、心ゆくまでめしあがれ。»八戸の食の宝庫「八食センター」»八戸の食を味わうなら「朝市」»地酒と美味を楽しめる飲…

詳しく見る

巨大朝市

local_offer

「朝市から始まる八戸の一日」食の宝庫であり、市民の社交の場でもある朝市は、早朝からにぎわいを見せる八戸の元気の源。朝を楽しむ八戸ならではのライフスタイル、体験してみませんか。八戸市の観光ガイドブック「八戸満喫旅」朝市のページ八戸と朝市 八戸…

詳しく見る

桃川の酒蔵見学

local_offer

 創業1889年の桃川は、「いい酒は朝が知っている」をキャッチフレーズにおいしいお酒を通じて人を幸せにしたいと言う理念の元、酒造りに取り組んでいます。酒蔵見学では無料で参加することが可能で、見学回廊に沿って蔵内と製造工場を見学することができ…

詳しく見る

おいらせホッキ小屋

local_offer

 百石漁港に水揚げされるおいらせ町産のホッキ貝は、他地域のホッキ貝と比較すると色が黒いのが特徴です。おいらせ町沖は奥入瀬川の河口付近に位置するため、川が運んでくる鉄分やミネラルを多く含むことが要因の一つと言われています。また漁場の海底が砂地…

詳しく見る

アグリの里おいらせ

local_offer

 年間を通して楽しめる体験型の総合観光農園です。温泉熱を利用した熱帯果樹園では、国産バナナなど南国の珍しい果物が見られます。その中の一部は敷地内の産直施設で購入できます。物産館・産直施設には地元の新鮮な野菜や加工品、お土産品が並びます。おい…

詳しく見る

桃川の地酒

local_offer

 桃川の創業は1889年(明治22年)。百石川(奥入瀬川)の百を果物の桃に変えて「桃川」と名付けられました。「いい酒は朝が知っている」をキャッチフレーズに、「おいしいお酒を通じて人を幸せにしたい」という理念のもと、南部杜氏と地元蔵人で「おい…

詳しく見る

道の駅しんごう

local_offer

 国道454号沿い、広大な「間木ノ平グリーンパーク」内に「道の駅しんごう」はあります。公園内にはキャンプ場、スポーツ施設、ふれあいの川といったレジャースポットも。地場産品直売センターでは、産直野菜や果物、牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品、肉…

詳しく見る

乳製品(飲むヨーグルト)肉加工品

local_offer

 青森県酪農発祥の地とされている新郷村の主力製品は、生乳100%の「飲むヨーグルト」です。健康な乳牛を育てるため、まずは餌となる牧草の土づくりから研究しました。生乳は朝搾りたての新鮮なものを使用。安定剤・香料・添加物を一切使用していないので…

詳しく見る

そば打ち体験

local_offer

 古くから我々日本人が親しむ和の味であり、ジャパニーズフードとして海外からも注目を集める「蕎麦」。階上町は「階上早生そば」のという全国的にその名を知られるそばの産地ということもあり、そば打ち体験が観光コンテンツの一つになっています。熟練の手…

詳しく見る

いちご煮

local_offer

 青森県を代表する郷土料理の「いちご煮」。乳白色の汁の中に沈むウニの姿がまるで『朝靄の中に霞む野いちご』のように見えたことから名付けられました。ウニとアワビをふんだんに使ったこの贅沢なお吸い物は、漁師の浜料理がルーツと言われています。豊かな…

詳しく見る