歴史・文化 一覧

Power to the Earth八戸えんぶり

local_offer

 見過ごされてしまうような東北の片隅で、800年にもわたる地元民の切実な願いによって独自に進化してきた、春を呼ぶ豊作祈願の”予祝”。 日本の農村部に広く伝わる「田遊び」という儀式は、年の初めに豊作を祈って農作業風景を…

詳しく見る

ユートリー(VISITはちのへ)

 八戸駅と連絡通路で直結しており、八戸圏域への旅の始まりや出発時のお買い物に便利な施設です。館内では八戸地域の地場産品の展示や実演、伝統工芸品や新開発商品、おみやげなどの販売のほか、南部せんべい焼き・南部菱刺・南部裂織などの体験も可能。レス…

詳しく見る

帆風美術館|企画展「蕪村展」開催中|

local_offer

帆風美術館 株式会社帆風(ばんふう)が運営する私営の美術館。「デジタル光筆画」という独自の技法による原寸大の複製画を専門に展示する、個性的な施設です。主に江戸期の日本画の名作を明るい照明のもとで一堂に鑑賞できます。印刷紙やそれを収める掛軸も…

詳しく見る

八戸三社大祭2021~未来へつなぐ・郷土の誇りと伝統文化~

八戸三社大祭併催企画~未来へつなぐ・郷土の誇りと伝統文化~ 令和3年の八戸三社大祭について、山車運行等各種行事が取り止めとなりましたが、今回八戸三社大祭の歴史・成り立ち・変遷について見つめ直すとともに、来るコロナ後の祭り開催に向けて郷土の誇…

詳しく見る

八戸えんぶり2022の 行事日程

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、2022年の八戸えんぶりは内容について協議中です。2月初旬を目処に最終判断予定となります。確定次第、本ページにてお知らせいたします。(2022年1月21日更新)【INDEX】奉納摺り・えんぶり行列・一斉摺…

詳しく見る

寺下の五重の塔

local_offer

 五重塔跡は観音堂の西方、灯明堂近くの標高約210mの山中に位置。津要(しんよう)玄梁和尚が建立発願され、延享2年(1745)8月に建立しました。高さ約12mで沖を走る舟からは真っ赤にそびえたつ塔がよく目立ったといいます。落成式には近隣寺院…

詳しく見る