長者山新羅神社

 延宝6年(1678)に八戸藩2代藩主南部直政が、領内の守護を祈願して建てたのが始まり。本殿・拝殿は細部の彫刻などに江戸時代の特徴がよく表現されているとして、県の重宝にも指定されています。
 毎年2月17日には八戸の冬の郷土芸能「八戸えんぶり」の奉納舞が行われることで有名です。また、8月の八戸三社大祭ではおがみ神社より神輿の渡御が行われ、8月2日には全国に3例しか現存しない貴重な騎馬打毬の一つ「加賀美流騎馬打毬」が行われます。

インフォメーション

所在地
青森県八戸市長者1-6-10

電話番号
0178-22-1769
アクセス
自動車:八戸駅から20分、八戸自動車道八戸ICから15分 鉄道:JR八戸線本八戸駅より徒歩20分 バス:八戸市営バス・南部バス「二十三日町」「十六日町」下車徒歩10分
駐車場

Visit View