場所 一覧

みろく横丁

local_offer

 八戸屋台村「みろく横丁」は、中心街に位置する三日町と六日町を貫く横丁であることからその名が付けられました。横丁には約26店舗の固定屋台がひしめき、各店舗が郷土料理や海鮮料理などでおいしさの腕を競い合っています。各店舗は一坪ほどの広さで、地…

詳しく見る

種差海岸休憩所

local_offer

 種差海岸(たねさしかいがん)インフォメーションセンターに隣接する無料休憩施設。天然芝生地を見渡せる休憩所内のカフェ「海カフェたねさし」と売店では、種差海岸にちなんだドリンクや軽食、スイーツなどオリジナルメニューが、散策で疲れた体を癒してく…

詳しく見る

種差天然芝生地

local_offer

 波打ち際まで天然の芝生が敷き詰められた、三陸復興国立公園・種差海岸(たねさしかいがん)を代表する景観。種差海岸一帯では古くから馬の放牧が行われ、芝生の特徴的な景観は人と自然の関わりの中で形づくられてきました。 種差海岸インフォメーションセ…

詳しく見る

種差キャンプ場

 緑の芝と青い海、さわやかな海風を満喫しながら、快適に過ごすことができる種差海岸唯一のキャンプ場。炊事場や水洗トイレを完備し、芝生のサイトにはテント250張が設置可能です。 キャンプ場から葦毛崎展望台まで約5.2キロの遊歩道が整備され、季節…

詳しく見る

キリストの墓

 静けさが漂う緑の木々に囲まれた一角に二つの盛り土があり、そこに十字架が二本立っています。伝説なのか、真実なのか、一つはゴルゴダの丘で磔刑になったはずのイエス・キリスト、もう一つはキリストの弟イスキリの墓なのだそうです。 「キリストが日本に…

詳しく見る

青葉湖

local_offer

 世増(よまさり)ダムの建設によって造られたダム湖。平重盛公が、父・清盛公への諫言が受け入れられず、この地に逃れてきた時に持参したといわれる「青葉の笛」の伝説から名付けられました。湖岸の展望台から望む風景は、四季折々の美しさを見せ、特に秋の…

詳しく見る

市民の森不習岳

local_offer

 市民の森不習岳(ならわずだけ)は、自然観察に最適な遊歩道、市街地を一望できる展望台、ピザ窯のあるキャンプ場などが整備され、市民のレクリエーションの場として利用されています。また、紅葉の見どころでもあります。 南部アカマツ、青森ヒバ、スギな…

詳しく見る

福一満虚空蔵菩薩堂

local_offer

 京都の法輪寺、福島の円蔵寺と並び、日本三大虚空蔵菩薩の一つに数えられています。地元では「こくぞうさん」と呼ばれ親しまれています。八戸藩2代藩主・南部直政の時代に藩の祈願所として菩薩堂が建立されました。明治の神仏分離令によって山頂の菩薩堂が…

詳しく見る

龍興山神社

local_offer

 虚空蔵菩薩堂の向かいにある龍興山(通称:虚空蔵山)の頂上にある神社。1177年、平重盛公が父の清盛公から逃れて都から島守へやってきた際に、この地に虚空蔵菩薩を祀ったのが始まりとする伝説があります。明治初年、神仏分離令により龍興山神社と改称…

詳しく見る