種差海岸での検索結果

大須賀海岸

local_offer

 約2.3キロにわたって広がる砂浜は、散歩できる砂浜として東北北部では最大規模。歩くとキュッと音がする「鳴砂」の浜としても知られ、不純物の少ない綺麗な砂浜の証であるといわれています。遊泳は禁止されていますが、夏季の天候がいい時には多くの人が…

詳しく見る

白浜海水浴場

 美しい砂浜の海水浴場。シャワー室や更衣室が完備され、海水浴シーズンには海の家もオープンする八戸市最大の海水浴場で、7月中旬から8月下旬にかけて多くの人で賑わいます。2006年には環境省指定の「快水浴場百選」にも選ばれました。»葦毛崎展望台…

詳しく見る

白岩

local_offer

 深久保漁港付近の海に浮かぶ高さ約20メートルの岩。海鵜のフンで岩が白くなったことから、「白岩」の名で呼ばれるようになりました。白い岩、青い海、緑の松原が織り成す美しい景観は、歩いて訪れてみなければ体験できない素晴らしいものです。 岩の表面…

詳しく見る

三陸ジオパークを歩こう

local_offer

ジオパークとは 「ジオパーク」とは、地質や地形を主な見どころとする「大地の公園」。地球の貴重で美しい地形・地質、生態系と人類との関わりを学び、体験できる場所です。ジオパークがもつ自然・文化などに関する様々な地球の記憶を、教育や観光、防災など…

詳しく見る

淀の松原

local_offer

 松林の中に遊歩道が整備され、木々の間から海岸の荒々しい風景を望むことができます。 樹齢100年にもなる松林には、昔そこからの眺めが好きで住みついた人がいたという「仙人窟」や、コウモリが住んでいた「コウモリ穴」、岩手県宮古市とつながっている…

詳しく見る

高岩展望台

local_offer

 種差海岸(たねさしかいがん)で最も高い場所にある展望台。海に突き出しているため、海岸線とその先に広がる太平洋の迫力のある眺望を満喫できます。絶景を楽しむことができる穴場スポットですが、駐車場がないためJR種差海岸駅から徒歩で訪れるのがおす…

詳しく見る

浜小屋

local_offer

 江戸時代末期から明治時代初期に建てられた、国内唯一の茅葺の浜小屋。漁撈用具とともに国の重要有形民俗文化財に指定されています。浜小屋の見学及び八戸市博物館に所蔵されている漁撈用具1383点の見学には事前申込が必要。 漁撈用具の収納や作業に用…

詳しく見る

巌島神社(弁天島)

local_offer

 昭和初期までは島でしたが、現在は大久喜漁港と陸続きとなっている弁天島にある神社で、ウミネコの繁殖地となっています。 東日本大震災の津波で鳥居が流失し、その一部が7,000キロも離れたアメリカ西海岸に漂着。返還された鳥居の一部を修復し、4年…

詳しく見る

道の碑

local_offer

 昭和25年(1950)に描かれた東山魁夷の代表作「道」は、種差海岸(たねさしかいがん)に並行して走る現在の県道1号線がモデル。作品を描いたとされる場所に碑が立っています。実際には道の奥に見えるはずの鮫角灯台が省略され、ただ一本の道に魁夷の…

詳しく見る

みちのく潮風トレイル

local_offer

 東日本大震災で大きな被害を受けた、東北太平洋沿岸。その復興のシンボルとして整備されているのが、青森県八戸市の蕪島から福島県相馬市松川浦までをつなぐ、総距離900kmを超えるロングトレイル「みちのく潮風トレイル」です。 トレイルとは、「歩く…

詳しく見る