八戸市美術館

人とまちを育む
みんな美術館~アートファーム~

八戸市美術館は、市民の文化芸術活動の拠点と「アートのまちづくり」の中核施設として、2021年11月3日にリニューアルオープンしました。

ⒸDaici ANO
ⒸDaici ANO

出会いと学びのアートファーム

八戸市美術館のテーマは、「種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館~出会いと学びのアートファーム」。作物が実るように人や街が育つ、畑(ファーム)のような美術館です。

「もの」としての美術品展示が中心となっていた従来の美術館とは異なり、「ひと」が活動する空間を大きく確保し、「もの」や「こと」を生み出す新しいかたちの美術館として、新たな文化創造と地域の活性化を図ることを目指しています。

ジャイアントルームと個室群

ⒸDaici ANO

館内の最大の特徴は、天井高約17mの巨大な空間の「ジャイアントルーム」。この部屋は、市民が自由に出入りし日常的に活動を行うことができ、また、可動式間仕切りや家具で場所も自在に作ることができます。あらゆる活動を可能とし、教える人と学ぶ人とが同じ場を共有することができるつくりとなっています。

さらに、展示や制作といった様々な機能に特化した「個室群」。専門的に深く学ぶことができるとともに、ジャイアントルームを各部屋を自由に組み合わせることで、違う専門性への出会いや新たな発見などの豊かな機会の創出が期待できる施設となっています。

展覧会とプロジェクト

八戸市美術館では、施設の特徴を活かし、「展覧会」と「プロジェクト」という2つの活動を行います。

「展覧会」は誰もが気軽にアートに触れられるよう、完成された展示を鑑賞することができる、多くの美術館で中心となる活動です。

一方「プロジェクト」は、市民とともにアートを介して出会いや学びを誘発させるため、美術館活動に積極的に関わる市民~アートファーマー~が集い、そこにアーティストや美術館スタッフが加わることで、さまざまな「もの」や「こと」を創造する活動です。

展覧会・プロジェクト(美術館企画)情報

展覧会

【2022年7月2日~8月29日】まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!
詳細はこちら

絵本「11ぴきのねこ」シリーズで知られる漫画家・馬場のぼる(1927~2001)さんを様々な側面から紹介する展覧会です。

【2022年10月29日~2023年1月9日】写真のまち八戸 佐藤時啓 -八戸マジックランタン-

カメラ・オブスクラや長時間露光などの写真の原理や現象を利用して作品を制作する美術家・写真家の佐藤時啓(1957-)の個展です。マジックランタン(幻燈)をテーマに、八戸の文化と景観を融合させたシリーズなどの新作を紹介します。

プロジェクト

【2022年10月1日】きむらとしろうじんじん野点in八戸

2023年春夏開催の展覧会「美しいHUG」に先行して、2022年10月1日(土)に、アーティストのきむらとしろうじんじんさんと野点(のだて)を開催するプロジェクトを実施。プロジェクトスタッフ(アートファーマー)とともに開催場所探しのためのお散歩会や準備を行います(6~9月)。

インフォメーション

所在地
青森県八戸市大字番町10-4
電話番号
0178-45-8338
アクセス
自動車:八戸自動車道八戸ICから約15分
鉄道:JR八戸線本八戸駅より徒歩約10分
ホームぺージ
https://hachinohe-art-museum.jp/