日曜朝市循環バス「いさば号」で便利に朝市へ!

 

※掲載内容は2019年12月迄の内容となっております。館鼻岸壁朝市は2020年4月12日(日)以降より開催予定となっておりますが、「いさば号」の運行期間につきましては情報が確定次第更新いたします。

日曜朝市循環バス「いさば号」

 八戸市中心街と、日曜日に行われる国内最大級の朝市「館鼻岸壁朝市」を結ぶ、日曜朝市循環バス「いさば号」。館鼻岸壁朝市の駐車場は大変混み合いますので、いさば号の利用が便利です。

» 八戸市交通部のページはこちら

» 館鼻岸壁朝市についてはこちら

 

令和2年度 日曜朝市循環バス時刻表

2020年度の運行期間・運賃

【運行期間】 情報が確定次第お知らせします。
【運行本数】 往路4本・復路4本 
        ※5:55 中心街(十三日町)発の始発は大変込み合います。
          3分後(5:58発)の第2便もございますのでぜひご利用ください。

【運  賃】 大人100円・小人50円 降車時精算

日曜朝市循環バス「いさば号」運行ルート(主要なバス停)

 日曜朝市循環バス「いさば号」は、八戸市中心街と朝市会場(柳町・館鼻漁港)を約15分で結んでいます。

●柳町  昔ながらの朝市「湊山手通り朝市」最寄りのバス停。現在でも約50店が出店し、主に地元の人々でにぎわいます。
» 湊山手通り朝市(八戸の朝市一覧)


●館鼻漁港  約800mにわたって300店以上が立ち並ぶ、日本最大級の朝市「館鼻岸壁朝市」の最寄バス停。毎週の人出は数万人にのぼります。
» 館鼻岸壁朝市について


●十三日町・十六日町・二十八日町・八戸中心街ターミナル(①~⑤番のりば)  八戸市中心街のバス停。八戸市中心街には多くのホテルが立地しており、朝市観光の前日は中心街のホテルに宿泊するのが便利です。JR本八戸駅からは徒歩10分程度。中心街は一方通行のため、行きと帰りの停車バス停が異なるので注意。
» 八戸市内の宿泊施設情報

八戸中心街ターミナル のりば案内

八戸市中心街からのアクセスはこちら

 

 

Visit View