日本最大級のカオス朝市
「館鼻岸壁朝市」

日曜日の朝にだけ出現する“街”

 普段は何もない広大な岸壁に、毎週日曜日の早朝にだけ出現する巨大朝市・館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)。全長約800メートルにわたって300店程が立ち並び、毎週数万人もの人出を誇る、青森県内・東北はもちろんのこと、国内でも最大級の朝市です。
 特に、連休やお盆には観光客や帰省客などが通路にあふれ、歩くのが困難なほどのにぎわい。八戸で最もホットな場所と言っても過言ではありません。イカやサバなど八戸自慢の鮮魚や干物の海産物、採りたての野菜や果物、手づくりの惣菜から雑貨まで、ありとあらゆるものが並びます。毎週1万人以上が来場する人気の観光スポットのひとつです。

【INDEX】


何でもありの巨大朝市

 館鼻岸壁朝市は、販売されているものも非常にカオス。八戸の鮮魚や干物などの魚介類はもちろん、野菜、果物、花、多彩なお惣菜、朝市内にいくつもあるコーヒーショップにスイーツ、パン、刃物や骨董品、ミシンなどなど…とにかくバラエティ豊か。以前はなんと車まで売られていたとか!?(そして、月に数台売れていたとか…!?)
 お店の屋台の裏で朝市ライブを開催する店舗もあり、訪れる人々も、朝食を買い求めたり、知人と談笑したりと、思い思いにこの巨大朝市を味わっています。


館鼻岸壁朝市“公認”キャラクター
「イカドン」

 館鼻岸壁朝市を闊歩する謎のキャラクター「イカドンファミリー」。家族構成は「イカドンパパ」「イカドンママ」「イカドン長女」の3名のようです。個性的なルックスで子どもたちを楽しませて(怖がらせて?)いるイカドンですが、朝市自体のカオスさに埋もれて目立っていないという説も? 登場時から“未公認”キャラクターとして活動してきましたが、2021年11月、ついに“公認”となりました。
 もしも会うことができたなら、「イカドンテレフォン」の番号がついたチラシやアメがもらえるかもしれませんよ。

館鼻岸壁朝市の楽しみ方

●ゆっくり見て回るだけで、1時間程度。パンやお惣菜を品定めしたり、行列店に驚いたり、変わった売り物にツッコミを入れたりしながら巡りましょう。

●館鼻岸壁朝市の特徴は、何といってもバラエティ豊かなお惣菜。買ったものを食べ歩いたり、テーブル席のあるコーヒー店やそば・うどん店などで休憩したりしながら、この朝市ならではのゆる~い朝ごはんを楽しむのがおすすめです。目移りしすぎて買い時を逃さないように注意!

●もちろん、八戸の魚介や野菜、お土産を買っても大丈夫。朝市本部から発送可能です。

●駐車場は大変混み合います。日曜朝市循環バス「いさば号」・JR八戸線(陸奥湊駅)の利用が便利です。

» 日曜朝市循環バス

コラムバナー
さんぽマイスターの体験コラムをご紹介しています。

「館鼻岸壁朝市まちあるき」のご予約はこちらから
リアルな見た目と食感(!?)が人気、カブトムシの幼虫グミ。他にもレアな幼虫グミが。売り切れ必至です。
漁網を活用したアカスリ網。朝市でこれを買って、そのまま銭湯に向かうのが八戸ツウ。
「海のパイナップル」と呼ばれる夏の風物詩・ホヤ。あふれる磯の香りが日本酒にピッタリ。
行列、大量買いが当たり前の揚げ物屋。
行列のできる小籠包屋。噛むとスープがじゅわっ。
パン屋も複数出店。飛ぶように売れていきます。
周辺でとれるリンゴや洋ナシも売っています。お値段は「ちょぅあまい」。
もちろん八戸らしい魚の炭火焼きも。珍しい回転式の魚焼き器。
青森県の朝市らしく、リンゴが売られています。なぜか通路のど真ん中で。

朝市名物をご自宅で

大安食堂《しおてば・てば次郎》

~朝市から羽ばたく手羽先。~

 肉厚でジューシーな地元産手羽先をあっさり旨塩味の衣で揚げた「しおてば」は、未明から多くの常連客と観光客の行列が絶えない、館鼻岸壁朝市きっての名物です。揚げたてをその場で食べるのが朝市の醍醐味ですが、遠方の方々にも朝市の雰囲気を味わって頂きたいとの思いで「元祖しおてば本舗・大安食堂」が自ら製造したのがレトルト版しおてば「てば次郎」です。てば次郎で味を占めたら、次はいよいよ館鼻岸壁朝市に来るしかありません。

館鼻岸壁朝市の名物商品の購入はこちら

マルカネ《鯖カレー》

~確かな味とインパクトで各種メディアも絶賛!~

 上質な脂がのった八戸産の鯖への思い入れが強すぎて、館鼻岸壁朝市からいくつもの名物鯖製品をリリースし続けてきた合同会社マルカネの、ある意味ひとつの到達点とも云える「鯖カレー」。ルーづくりからパック詰めまですべて丁寧な手作業だから可能となった、まさかの鯖の半身まるごと1枚入り! これはもはや鯖入りのカレーではない、カレーで食べる、鯖そのもの。

館鼻岸壁朝市の名物商品の購入はこちら

インフォメーション

所在地
青森県八戸市新湊 館鼻岸壁
お問合せ
TEL:070-2004-6524 (湊日曜朝市会事務局 大安食堂内)
メールアドレス:info@minatonichiyouasaichikai.com
開催日時
3月13日(日)~12月の毎週日曜 日の出〜9:00頃
【令和4年度臨時朝市開催日】
・5月3日(火)
・5月4日(水)
・7月18日(月)
・8月11日(木)
・8月13日(土)
・9月19日(月)
・11月3日(木)
・12月30日(金)
アクセス
〇自動車:八戸自動車道八戸ICから20分、八戸駅から25分、八戸市中心街から10分

<公共交通機関をご利用の場合>
⇒行きはこちら
⇒お帰りはこちら

» 日曜朝市循環バスいさば号の詳細・時刻表について

アクセスマップPDFはこちら

陸奥湊駅から館鼻岸壁朝市まで(徒歩ルート)

駐車場
約500台
お手洗い
常設公衆トイレ:3~12月まで常時利用可能
新常設公衆トイレ(バス停「館鼻岸壁」付近):3~12月まで常時利用可能
仮設トイレ:朝市開催日の午前4時頃から朝市終了時まで利用可能
ホームぺージ
» 湊日曜朝市会

館鼻岸壁朝市まっぷ

 あると便利な館鼻岸壁朝市のマップ。最新版は館鼻岸壁朝市の現地でお買い求めください。(100円)
» 平日・冬季(1月・2月)は陸奥湊駅前朝市へ

 

Visit View