日本最大のカオス朝市
「館鼻岸壁朝市」

local_offer

  ※「いさば号」の始発(5:55 中心街(十三日町)発)は大変込み合います。
   10分後(6:05発)の第2便もございますので、ぜひご利用ください。

日曜日の朝にだけ出現する”街”

普段は何もない広大な岸壁に、毎週日曜日の早朝にだけ出現する巨大朝市・館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)。全長800メートルにわたって300以上の店が立ち並び、毎週数万人もの人出を誇る、青森県内・東北はもちろんのこと、国内でも最大級の朝市です。

特に、連休やお盆には観光客や帰省客などが通路にあふれ、歩くのが困難なほどのにぎわい。八戸で最もホットな場所と言っても過言ではありません。

» 館鼻岸壁朝市のスポット情報

何でもありの巨大朝市

 館鼻岸壁朝市は、販売されているものも非常にカオス。八戸の鮮魚や干物などの魚介類はもちろん、野菜、果物、花、多彩なお惣菜、朝市内にいくつもあるコーヒーショップにスイーツ、パン、刃物や骨董品、ミシンなどなど…とにかくバラエティ豊か。以前はなんと車まで売られていたとか!?(そして、月に数台売れていたとか…!?)

 お店の屋台の裏で朝市ライブを開催する店舗もあり、訪れる人々も、朝食を買い求めたり、知人と談笑したりと、思い思いにこの巨大朝市を味わっています。

館鼻岸壁朝市”未公認”キャラクター
「イカドン」

 館鼻岸壁朝市を闊歩する謎のキャラクター「イカドンファミリー」。家族構成は「イカドンパパ」「イカドンママ」「イカドン長女」の3名のようです。個性的なルックスで子どもたちを楽しませて(怖がらせて?)いるイカドンですが、朝市自体のカオスさに埋もれて目立っていないという説も?

 もしも会うことができたなら、「イカドンテレフォン」の番号がついたチラシやアメがもらえるかもしれませんよ。

館鼻岸壁朝市の楽しみ方

●ゆっくり見て回るだけで、1時間程度。パンやお惣菜を品定めしたり、行列店に驚いたり、変わった売り物にツッコミを入れたりしながら巡りましょう。
●館鼻岸壁朝市の特徴は、何といってもバラエティ豊かなお惣菜。買ったものを食べ歩いたり、テーブル席のあるコーヒー店やそば・うどん店などで休憩したりしながら、この朝市ならではのゆる~い朝ごはんを楽しむのがおすすめです。目移りしすぎて買い時を逃さないように注意!
●もちろん、八戸の魚介や野菜、お土産を買っても大丈夫。朝市本部から発送可能です。
●駐車場は大変混み合います。日曜朝市循環バス「いさば号」・JR八戸線(陸奥湊駅)の利用が便利です。
» 日曜朝市循環バス

リアルな見た目と食感(!?)が人気、カブトムシの幼虫グミ。売り切れ必至です。
こちらはアゲハの幼虫グミ。ほかにもレアな幼虫グミいろいろ。本当に人気なんです。
漁網を活用したアカスリ網。朝市でこれを買って、そのまま銭湯に向かうのが八戸ツウ。
行列、大量買いが当たり前の揚げ物屋。
行列のできる小籠包屋。噛むとスープがじゅわっ。
パン屋も複数出店。飛ぶように売れていきます。
周辺でとれるリンゴや洋ナシも売っています。お値段は「ちょぅあまい」。
もちろん八戸らしい魚の炭火焼きも。珍しい回転式の魚焼き器。
「海のパイナップル」と呼ばれる夏の風物詩・ホヤ。あふれる磯の香りが日本酒にピッタリ。
青森県の朝市らしく、リンゴが売られています。なぜか通路のど真ん中で。
謎の館鼻岸壁朝市”未公認”キャラクター「イカドン」。眉毛の「八戸」が目に焼きついて離れません。

インフォメーション

所在地
青森県八戸市新湊 館鼻岸壁

お問合せ
TEL:080-5734-3251 (湊日曜朝市会事務局)
メールアドレス:info@minatonichiyouasaichikai.com
開催日時
2019年:3月17日〜12月の毎週日曜 日の出〜9:00頃
臨時開催日:2019年5月1日(水)・5月4日(土)・8月12日(月)・8月14日(水)・12月30日(月)
※2019年5月12日(日)八戸うみねこマラソン開催日は休市予定
アクセス
◎自動車:八戸自動車道八戸ICから20分、八戸駅から25分、八戸市中心街から10分
◎鉄道:JR八戸線陸奥湊駅から徒歩10分程度
 ・八戸5:35発→本八戸5:43発→陸奥湊5:49着
 ・八戸7:13発→本八戸7:22発→陸奥湊7:29着
 ・八戸7:27発→本八戸7:37発→陸奥湊7:43着
 ・八戸7:54発→本八戸8:03発→陸奥湊8:10着

◎バス:日曜朝市循環バスいさば号「館鼻漁港前」下車
» 日曜朝市循環バスいさば号の詳細・時刻表はこちら

陸奥湊駅から館鼻岸壁朝市まで(徒歩ルート)

中心街・八戸駅方面へのお帰り
 日曜朝市循環ワンコインバスいさば号「館鼻漁港前」乗車
 ・館鼻漁港前7:23発→中心街(六日町)7:40着
 ・館鼻漁港前8:03発→中心街(六日町)8:20着

 一般路線バスで中心街へお帰りの便「館鼻漁港前」乗車
 F1大杉平バスセンター行
 ・館鼻漁港前7:25発→中心街(六日町)7:40着
 ・館鼻漁港前7:50発→中心街(六日町)8:05着
 N61中央市場(八食センター)行
 ・館鼻漁港前8:45発→中心街(六日町)9:00着
 ・館鼻漁港前9:25発→中心街(六日町)9:40着
  (大人200円 小人100円)
 ※いさば号と一般路線バスの乗車バス停は反対車線になります。

 JR八戸線(上り) 陸奥湊駅発
  ・8:10発→8:17本八戸駅着→8:27八戸駅着
  ・8:33発→8:40本八戸駅着→8:50八戸駅着
  ・9:25発→9:31本八戸駅着→9:41八戸駅着
駐車場
約500台
お手洗い
常設公衆トイレ:3月~12月まで常時利用可能
新常設公衆トイレ(バス停「館鼻岸壁」付近):3月~12月まで常時利用可能
仮設トイレ:朝市開催日の午前4時頃から朝市終了時まで利用可能
リンク
» 湊日曜朝市会

館鼻岸壁朝市まっぷ

あると便利な館鼻岸壁朝市のマップ。最新版は館鼻岸壁朝市の現地または「八戸朝市通販」ウェブサイトからお買い求めください。(100円)

» WEB八戸朝市通販
» 館鼻岸壁朝市まっぷ

» 八戸の朝市トップへ
» 平日・冬季(1月・2月)は陸奥湊駅前朝市へ

 

Visit View