沖縄県本部町観光協会の皆様が
ヴァンラーレ八戸ホームゲーム沖縄デーのため来訪されました。

6月28日(金)沖縄県本部(もとぶ)町観光協会の當山清博(とうやまきよひろ)会長、ミス桜の宮城五月(みやぎさつき)様、崎濱紫音(さきはましのん)様ほか計7名の皆様が、ヴァンラーレ八戸ホームゲームでの沖縄デーの紹介のため、VISITはちのへオフィスへ来訪されました。



沖縄県本部町は、沖縄県北部にある、あの「美ら海水族館」がある町でヴァンラーレ八戸が毎年春にキャンプを張っている町です。

情報交換の中では、本部町は「美ら海水族館」も有名ですが、「沖縄そば」も有名であること。また日本で一番早い桜まつりが1月下旬~2月上旬にかけて行われることなどの情報交換がありました。

 

 

本部町観光協会の皆様は、明日(6/29)は八食センターで本部町物産展・観光PRを行い、明後日(6/30)はダイハツスタジアム(ヴァンラーレ八戸対ブラウブリッツ秋田戦)で、沖縄デーと題したイベントを行うこととなっております。

この機会にぜひヴァンラーレ八戸戦沖縄デーをお楽しみください。

沖縄県本部町観光協会ホームページ https://www.motobu-ka.com/

ヴァンラーレ八戸対ブラウブリッツ秋田戦ホームページ(沖縄デー開催日)(外部サイトへ移動します)

【ホームゲーム情報第1弾】 2019明治安田生命J3リーグ 第14節(ホーム戦) vs ブラウブリッツ秋田