せんべいはうすく、
じんせいは分厚く。

青森県南部地方で愛されている逸品に“南部せんべい”がある。

古くは江戸の天保時代にさかのぼり、当時は“天保せんべ”と呼ばれ、大飢饉(ききん)から人々の命を守ってきた。

現在の“南部せんべい”は固く焼いたものが主流だが、当時の半生モチモチの食感を残した、まさに、レアなせんべいもある。

そんな“南部せんべい”のアレンジは無限大!!

郷土料理の八戸せんべい汁に使われたり、せんべいにジャムやバターを塗っておやつになったり、はたまた、サバ缶をのせておつまみにも。

はちのへエリアの美味いもんと一緒に、是非ご自宅で!!


おとりよせ はちのへエリアの美味いもん

お取り寄せはこちらから


事業者応援プロジェクト!