南部菱刺し

local_offer
 南部菱刺しは江戸時代に始まったとされる青森県南部地方で刺されている技法であり、青森県の伝統工芸三大刺し子のひとつです。寒冷な気候で麻しか育たなかった地における、保温と補強のために生み出された生活の知恵でした。五戸町では主に前掛け・ズボン・子供の足袋などで施されていました。数百種類とも言われる菱刺しの模様は、2・4・6の偶数の目を数えて刺します。綿糸・毛糸などの様々な差し糸を使い、1段1段刺し綴っていきます。仕上がりは横長の菱形の平面で構成されています。周辺の自然を表したような色鮮やかな独特の彩りも魅力的です。

このページをシェア

Visit View