ロー丁れんさ街

 八戸市中心街の歓楽街・鷹匠小路は、藩政時代に一時牢屋が置かれたため「ロー丁(ちょう)」とも呼ばれています。そのロー丁と長横町れんさ街をつなぐ位置にあったことから「口一丁れんさ街」呼ばれるようになりました。人通りも多く、明るく開放的な店舗も多いのが特徴です。

八戸の横丁について
 

インフォメーション

所在地
青森県八戸市
鷹匠小路と長横町の間
営業時間
店舗により異なる
定休日
店舗により異なる
アクセス
鉄道:JR八戸線本八戸駅から徒歩15分
バス:八戸市営バス・南部バス「八戸中心街ターミナル(三日町・六日町・中央通り)」下車徒歩3分
駐車場
無(近隣の駐車場を利用)