いちご煮

local_offer
 青森県を代表する郷土料理の「いちご煮」。乳白色の汁の中に沈むウニの姿がまるで『朝靄の中に霞む野いちご』のように見えたことから名付けられました。ウニとアワビをふんだんに使ったこの贅沢なお吸い物は、漁師の浜料理がルーツと言われています。豊かな太平洋に面した八戸地方では、魚介類が良く採れます。なかでもウニとアワビは漁師の貴重な収入源でした。はじまりはそれを豪快に盛り付けた煮付け料理だったようです。それが大正時代に料亭料理として振る舞われるようになり、今ではお祝いやお正月といったお目出度い席には欠かせない一品として愛され続けています。

このページをシェア

Visit View