階上早生そば

local_offer
 青森県には在来系統から選別された品種のそば「階上早生」があり、古くは大正時代から愛されてきました。その特徴は豊かな風味と強い粘り。階上町では「地元で栽培」「全て手打ち」「地元で消費」にこだわり、栽培から料理まで一貫して手掛けています。
 このそばが注目を浴びたのは1913年(大正2年)。当時はヤマセ(冷たい北東からの風)の影響で多くの作物が育たず、凶作・飢饉に悩まされていました。しかしこのそばは寒さに強く、大凶作の中にあっても相当の収量が得られ、多くの人の命を繋いできたのです。その後、青森県農業試験場へ種子を取り寄せ、試験栽培し優れた成績であった為、1918年(大正7年)に「階上早生」と命名されました。

このページをシェア

Visit View