五戸町消防団第一分団屯所

local_offer
 明治12年(1879)に私設消防組を組織して屯所を設けたものの、大正2年(1913)に大火で焼失。町民有志の呼びかけにより、大正11年(1922)年に同じデザインに建て直されました。
 高さ12.7m、望楼付き木造2階建てでしたが、昭和15年(1940)に購入した消防自動車が配備されたため、表側が増築されて現在の形となりました。下見板張りの外壁、2階の半円アーチ窓など、当時の洋風建築の特徴を随所に取り入れています。赤いドーム屋根付きの望楼を持つ同屯所は、県南地方の代表的なデザインです。平成15年(2003)7月には青森県重宝となり、現在も消防屯所として使われています。

インフォメーション

所在地
青森県三戸郡五戸町字野月2

アクセス
バス:JR八戸駅から南部バス五戸行き乗車(所要時間30分)「荒町」下車すぐ
自動車:JR八戸駅から25分、八戸自動車道八戸北ICから30分

Visit View