宮内庁御用達地鶏「青森シャモロック」

local_offer

「青森シャモロック」は、青森県自慢の鶏品種です。国で最もグルメな品種の鶏の1つで、その品質はいくつもの高い評価を受けています。また、宮内庁管轄の御料牧場へひなが出荷されている唯一の地鶏でもあります。

青森シャモロックの物語は1990年に五戸町で旧県畜産試験所にて開発されたときから始まります。畜産試験所は鳥の品種を交配し、味、食感、香りの点で完璧なチキンを作るための研究をしていました。そして、父鶏は軍鶏を改良した「横斑シャモ」、母鶏はプリマスロックを改良した「速羽性横斑プリマスロック」を交配させ、生まれた一代雑種(F1)「青森シャモロック」が誕生しました。畜産試験所は現在、青森県野辺地町に移転しましたが、青森シャモロックは今でも旧畜産試験所の施設で飼育され続けています。

「青森シャモロック」を楽しむための素晴らしい方法は沢山あります。胸肉、モモ肉などの新鮮なお肉や燻製のような加工品は、青森シャモロック直売所(㈱グローバルフィールド:青森県三戸郡五戸町古舘下川原43)、またはオンライン(https://syamorock.jp/)で購入できます。直売所にお越しのお客様は、店内限定のからあげをお楽しみいただけます。国内でもトップクラスに美味しいからあげをぜひ堪能してみてください。揚げ物以外にも、青森シャモロックの卵で作られた自家製麺と、鶏から出る旨味豊かな出汁を使用した青森シャモロックラーメンも販売しています。また、お店を訪れる際に必食なのは、青森シャモロックのプリンです。青森シャモロックの最高品質の卵から作られたプリンはオリジナルと黒ごまの味があり、濃厚な口当たりで全国各地から注文が入ります。青森シャモロックの全てを余すことなく使用したこれらの品々をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

Visit View